本文へ移動

職員紹介

巡回監査担当者

安慶名 祐

自己紹介                               

名桜大学を卒業後、親が経営していた会社の手伝いをしながら税理士試験の勉強をしていました。その後、会計事務所で働いてみたいという希望から、弊所への入所に至りました。

担当先:法人・個人事業主など

趣味 :旅行・お酒・食べること

 

 この職業を選んだきっかけ

大学の講義で簿記を受けたことがきっかけでした。親が法人経営をしていたこともあり、企業経営をするうえで会計を学ぶことの必要性を感じたため会計を専攻しました。会計、税務を通じて様々な業界に携わることができる会計事務所はとても魅力的で、やりがいのある業種だと思いこの仕事を選びました。

  

実際に働いてみて、楽しいことと大変なこと

楽しいこと>

基本的にはスケジュールなどの業務予定は個人に任されていることも多いため、スムーズに業務が完了したときは成し遂げた満足感があって楽しいです。また、職員などの誕生月にはランチ会があり、その他には年に一度の社員旅行もあります。

大変なこと>

毎年、税制改正などがあるため業務に必要な知識を維持し続けなければならないのでその勉強がとても大変です。また、会計システムなどの導入サポートや入力指導もあるため入所したばかりの頃は会計システムを覚えるのにも苦労しました。

  

仕事のやりがい

お客様に感謝されることはもちろんですが、決算などの業務が完了したときの達成感にはとてもやりがいを感じます。様々な業界の経営者など、幅広い役職の方々と接する機会が多いため人生観や仕事観などとても勉強になります。

仲原 親亮

自己紹介
沖縄国際大学卒業後、職を転々とし、平成21年1月に比嘉孝明税理士事務所に入社しました。税務に関しての知識はほとんどなかったのですが、所長や先輩、後輩にいろいろ教えて頂きながら頑張れています。日々お役様のお役に立てるよう知識を磨き、関与先様と一緒に成長していければと考え業務に取り組んでいます。
 
この職業を選んだきっかけ
難しい業界だと思っていましたが、税金は自分が生活する中にも必ず関わってくるものなので、少しずつでも理解できればと考えたためです。
 
仕事のやりがい
経営者や経理担当者の方とお話しする中で、事務作業の効率化や必要な書類の作成や管理方法などを提案し、業務効率化が実感できた時です。

比嘉 泰輝

自己紹介
専門学校を卒業後、一般の会社で約6年半程経理及び総務を経験し、弊所へ入所しました。様々な業種の法人・個人事業主を主に担当しています。よく聞かれるのですが、名字が所長と同じ「比嘉」ですが、親戚ではなく一般募集で入所しました。「比嘉」って苗字、多いですからね(*^^*)
 
この職業を選んだきっかけ
前職で経理事務を担当していたこともあり、税理士事務所とは元々関わりが多くありました。ですが、税務的なことはほとんど任せっきりでよくわからなかったこともあり、自分自身で税務の事も学んでいきたいと考えるようになり、思い切って転職しました。
 
実際に働いてみて、楽しいことと大変なこと
<楽しいこと>
様々な業種の方とお会いする機会があり、いろいろなお話を聞くことができることや、業務の中で得られた知識や経験が他の業務等に活かすことができるところが楽しいと感じます。
 <大変なこと>
 税制改正などに対応するために、常に知識を蓄えていないと行けないことです。また、月次監査・決算業務に加え様々な業務があり、特に確定申告時期はかなりの業務量になるので、スケジュール管理に苦労しています。
 
仕事のやりがい
経営者に対して、財務諸表から読み取れる情報をお伝えし、経営に活かせていただける事にやりがいを感じます。事業計画書の作成を支援し、目標達成できた時や融資実行に役立てた時には達成感があります。また、お客様の経理担当者と一緒に経理体制の構築を考えたり、会計指導を行っていくうちに徐々にレベルアップしてもらえるところにもやりがいを感じます。

宮城 貴充

自己紹介

大学を卒業後、営業職を3年ほど就いた後に入所しました。

入所間もないころから法人、NPO法人、社会福祉法人、個人確定申告などを担当させていただいています。

スポーツが趣味で、仕事が早く終わる時は体を動かしてリフレッシュしています。

 

この職業を選んだきっかけ

大学卒業後に簿記を学び日商簿記2級を取得し、興味を持っていた分野に挑戦したいと決意し飛び込みました。

 

実際に働いてみて、楽しいことと大変なこと

<楽しいこと>

様々な業種の関与先様と接する中でその業界について知ることができる部分です。

 <大変なこと>

税制改正への対応や、期限を守らないと関与先様に延滞税が発生してしまうので責任感を持って業務を行わなければならない部分です。

 

仕事のやりがい

関与先様からお礼を言われたり、感謝のお言葉をいただいたりするので「関与先様に貢献できている。」とダイレクトに感じることができるところです。

【これまでの訪問者数】
 
0
2
6
7
7
2
TOPへ戻る